ユリス ナルダン「クラシック ソナタ」

アワーグラス太田でございます。 

先日2017年新製品の入荷がございましたので

ご紹介させて頂きます。


当店取扱いのスイス老舗ブランド

ユリス ナルダン社「ソナタ」です。

「ソナタ」はイタリア語で「演奏されるもの」の意味。

とにかく、美しい音色にこだわりを持ち、

従来のアラーム機能搭載腕時計の概念を覆す

革新的な音色で、心地良い音を奏でる時計です。 


この革新的なモデルを最初に発表されたのは14年前に遡り、2003年になります。


ここで14年前の旧型と今年の新型と画像で比較してみましょう。

14年前の2003年発表モデル旧型がこちらになります。

↓↓↓



2017年発表モデル新型がこちらになります。

↓↓↓



14年間の歳月を経て、全くの別物になった印象ですね。

2003年モデルは見た目が、スポーティで重厚なモデルでしたが、

作風が一新されまして、非常にシンプルなクラシック仕様に大幅変更されました。

ケース形状、文字盤、針、インデックスは全てデザインが変わり、

新旧モデルの共通点としては、アラームセッティングダイアル、デュアルタイムダイアル、

ビッグデイト表示の配置ぐらいで、アラームカウントダウン表示に関しては、

かなり簡略化されました。


呼称も「ソナタ」から「クラシックソナタ」となりました

変更点の多い新旧ソナタですが、新型クラシックソナタは、

非常に操作性と視認性の高い良品に進化していると思います。

ケース径は旧型42㎜から、新型44mmと実寸では大きくなっておりますが、

無駄を削ぎ落としている分、全体のフォルムはスマートです。

価格や素材も変更が有りまして、旧型がK18ホワイトゴールド製で当時の価格が税込み

¥6,720,000-と高額でしたが、新型がSSモデルとなりまして、

価格は税込み¥3,099,600-と旧型の半額以下と低価格化されております。



新型の別アングルです。

針とインデックスは全て青焼きに統一されております。

ここは、同社が得意とする“焼き”の意匠を全面に押し出しております。




サイドアングルです。

9時位置にアラームON/OFF切り替えボタン、

8時位置にデュアルタイムの調整用ボタンで、

前に進ませる目印で分かりやすく+の刻印入り



竜頭側のサイドアングルです。

4時位置にデュアルタイムの調整用ボタンで、

後ろに後退させる目印で分かりやすく-の刻印入り 



バックケースアングルです。

旧型は裏蓋が有り、ムーヴメントが鑑賞出来ない寂しい仕様でしたが、

新型となり自社ムーヴメントをしっかり、鑑賞できます。

ローターには、“Sonata Cathedral”とあります。

メイン機能のアラームはカセドラルゴングです。

このカセドラルゴングが、ストライキング時計の象徴的なソナタの真骨頂なのですが、

クラシックゴングと異なり、音色の特徴は力強く、音量も大きく、

寺院の鐘の様な長い残響を持っています。

その製造手法の超絶技術を必要して、極めて困難です。

ゴングの長さはクラシックゴングよりも長く、ムーヴメントをほぼ2周する長さが有り、

美しい音色を奏でる為には十分なスペースが必要となります。

その様な構造の時計は、他ブランドのミニッツリピーター機構搭載機の価格になりますと

安くても3,000万円程に相当します。


是非、この革新的な機構を搭載した新型「クラシックソナタ」の美しい音色を視聴に

ご来店なさってくださいませ。


=============

ユリス ナルダン

 クラシック ソナタ

 Ref.673-05/90

 自動巻き(Cal.UN-67)

 ケース径:44mm(18KRG)

 30m防水

 税込定価¥3,099,600

=============

HISTORY年別